Panic Disorder.

アクセスカウンタ

zoom RSS 初期・パニック発作!その2

<<   作成日時 : 2008/03/16 21:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

例えば、夜眠ろうとすると、足元からゾクゾクするような恐怖感と不安感が怒涛のように押し寄せてきて、その場にいる事が怖くて怖くて溜まらなくなって来るのです

自分の意思とは裏腹に、真っ暗で出口のないブラックホールにズルズルと引きずり込まれて行くような感覚…
暗闇の中で目が回り、頭は真っ白になり、今にも発狂してしまいそうな恐ろしい感覚に襲われるのです

そういう時はまるで子供のように、『怖い怖い』と叫びながら、母や弟に泣きついては発作が収まるまで手を握っていてもらったりしたものでした


それでもまだ、私はそれが病気なのだとは分かりませんでした
ほんのたまにしか起こらないので、『疲れが溜まると起こる過呼吸なんだろう』、位にしか考えていませんでした。

しかし、その発作は、だんだんと頻繁になり、所構わず私を襲うようになって来ました

バスの中、電車の中、果ては、普通に外を歩いているときですら、たびたびそのわけのわからない発作は私に襲い掛かって来ました

そして私は発作への恐怖と不安でだんだんと外出する事が出来なくなって行ったのです

だんだんと、
『何かかおかしい
と思い始めました

発作と一緒に、自分が自分でないような感覚原因不明の体の痛にも悩まされるようになって行きました

そしてとうとう、『パニック障害』の本を父に薦められたのです

それを読んでから、この原因不明の恐怖感や発作の原因が、『パニック障害』と言うれっきとした病気なのだ、とやっとの事で知る事が出来たのです



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
初期・パニック発作!その2 Panic Disorder./BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる