Panic Disorder.

アクセスカウンタ

zoom RSS 自分に合う薬・合わない薬。

<<   作成日時 : 2008/03/22 17:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

私が病院に行って最初に処方されたのは、『パキシル』と言う薬でした

これはSSRI系の抗鬱剤で、日本では唯一パニック障害の治療薬として認知されている薬です。


しかし私には合わなかったらしく、服用時に、手足のしびれ、眩暈、気が遠くなる感じ、吐き気に襲われました

あまりに副作用が凄いので、薬を変えてもらうことに…。


次に処方されたのは、同じSSRI系の『デプロメール』でした。
これは副作用も比較的少なく、(効果も余り感じませんでしたが…)飲み続けられるな、と思いました。

これは今でも服用している薬のひとつです


もう一つ処方されたのが、安定剤の『ワイパックス』です。

これはベンゾジアゼピン系の安定剤で、パニック障害ではSSRI系の抗鬱剤と共によく処方される薬の一つです

ワイパックスは、常備薬としても頓服薬としても活躍してくれます


こうして、安定剤と抗鬱剤、双方の服用で、とりあえず発作は抑える事が出来ました。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
自分に合う薬・合わない薬。 Panic Disorder./BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる